モウリーニョは梯子を外されジダンは舞い戻った

去年レアル・マドリードをUCL3連覇させた後、電撃辞任していた前監督のジダンがなぜ1年も経たないうちに舞い戻ってくる気になったのか不明だが、確か去年は引き留められたにもかかわらず強引に辞めたはずだ。そうした我儘な男が直ぐにまた戻って来るなんてのはあまり聞いたことがない。

会長が交代とかしていればわかるが今の会長はよほどジダンのことが好きなのだろう。

昨年は自分の引き止めに耳を貸さずに強引に辞めた男だが相当惚れ込んでると見える。

ただジダンより前からもっぱら復帰が噂されていた

元監督のモウリーニョは完全に梯子を外れた格好だ。

私は彼が復帰するのではと思っていたのだが主力の4人のベテランの追放を条件としており、彼には好き勝手を許してもらえる環境が必要だったのだろう。

ジダンに断わられていたのなら別だがモウリーニョのようなUCLでレアルを優勝させられなかった、だたの我儘な男を再雇用するだけの度量は流石の会長にもなかったのだろう。

そうなるとモウリーニョの就職先も限られてきそうだが心配することはないだろう。

高給さえ望まなければいつでもJリーグは歓迎してくれるはずだからだ。即日融資 キャッシング