日本は地震列島ですから投資家たるものそれに備えなければなりません

日本は地震列島ですから投資家たるもの株式投資でも大地震に対して何らかの備えは万全にされていると思います。首都直下型地震や東南海地震が今後30年内に発生する確率は皆様がご存知のとおり非常に高いと複数の専門家が言っているようです。しかし、このように言われていても多くの個人投資家、それも一億円以上も株式投資で資産を築くことができた投資家さえ何の備えもしていないのが実情です。
では、どうして彼らは何の備えもしないのでしょう。それにはわけがあります。株式投資では大地震のために何をしたらいいのかが分からないのです。分からないから何も備えができないのです。
もっと言えば、何らかの備えをしているという投資家さえ、せいぜい買い付け余力を多めに残してある程度のことしかしていないのです。
つまり、株式投資をしている人は大地震が起こった時には結局はただ下がっていく株を眺めるか、新たに下がっていく株を買いますことしかできないのです。http://www.fndg.co/teikinri-karikae.html